おすすめカメラ三脚

おすすめのカメラの三脚を語り合うサイト

街なかスナップにおすすめ三脚

      2015/12/29

ベルボン一脚 Geo Pod E54M

 三脚ではなく一脚です。街かどのスナップ、人物ポートレートを中心に機動力を発揮する逸品だと思います。 三脚にはない手軽さで持ち運びでき、またスナップといえど不必要なブレを廃した作品が撮影できます。オールドカメラでずっと使ってきましたが、不都合はありません。一脚とは言え、ブレなくスピーディーな動作でシャッターがきれるので満足です。デジタルカメラではそれほど使いませんが、一脚で構えたときとそうでないときの作品の仕上がりは、明らかに違いが分かります。

 ピント合わせはできるだけ手動で行うようにしているので、シャッターチャンスだけに気持ちを集中して、ブレの抑制コントロールは一脚に任せています。このごろは一脚らしさを応用し、完全固定でない「特定方向のみのブレ」を作品に取り込めないか、と上級者気取りでトライしています。

 カーボンファイバー素材の「ベルボンGeo Pod E54M」は、 重量がカタログで363グラムとあります。軽さは申し分ないうえ、レバーロック式であるため手際よく撮影できます。気に入っているのは、長さが最大1・57メートルです。立った姿勢で、目の高さにちょうどフィットします。パシッと一動作で脚を伸ばすと、手ごろな高さがキープできるので便利です。四段脚というのも、パイプ数、部品数が多すぎないところがよく、がたつきを心配することもありません。気軽な道具として、おすすめです。使いやすいです。

 プロフェッショナル仕様の三脚も保有していて今はこれが常用ですが、一脚の手軽さは貴重です。

 街歩きのついで(撮影のついでの街歩き)に、気が向いたときに使える一脚は、「いつでも本格的

に取れるぞ」という楽しい余裕も心にできて、いっそう散歩が楽しみになります。見た目がおおげさにならないように、街歩きに出るときは、小型の背負いリュックに一脚を縛りつけ、撮影用の小物だけを中に入れて持ち運ぶようにしています。リュックのサイドにはさんでも一脚の折りたたんだサイズは50センチ程度なので、不恰好にもならず便利です。
50代・男性 田代

 - おすすめ三脚